ピアニスト ライブ配信・テレビ

ふくよかな手で奏でる包容力 ヤコブ・クシュリクのリサイタル配信視聴

第18回ショパンコンクールで第4位だった、ポーランドのヤコブ・クシュリク(Jakub Kuszlik)さんのソロリサイタル配信を観ました。

リサイタルの配信日は2021年11月11日。だけどその日はこの配信のことは知らなかったので、Twitterでシェアされていた方のツイートを見て数日経ってから。

12月1日現在でも視聴数は8,000に満たないほどであまり知られていなかったのかなと思いましたが、とてもよかったのでぜひ観てみてください♪

第1部:ブラームス

11日11日のヤコブ・クシュリク(Jakub Kuszlik)さんソロリサイタル配信は、ポーランドラジオ企画のコンサートのようです。第1部がブラームス、第2部がショパンという構成でした。

第1部
-Johannes Brahms
7 Fantasien Op.116
4 Klavierstücke Op.119

ブラームスとても聴き応えがありました!

ヤコブさんの音楽はどこか影があるイメージです。「幻想曲集」は、深く不思議な色を持つ池にいるように感じました。湖畔にじわーっと音が馴染んでいくような。素敵だわー。

まろやかで優しい音から、重心のある軽快な音、重みと迫力ある音まで、「4つの小品」は幅広いヤコブさんの表現を堪能しました。圧がすごくていい。

成熟した演奏で、第1部の時点ですでに充実マックスで満足度高。

第2部:ショパン

第2部はショパンコンクールでも弾いた幻想曲、マズルカ、ソナタ第3番でした。

第2部
-Fryderyk Chopin
Fantasy in F Minor Op.49
Mazurkas Op.30
Sonata in B Minor Op.58

ヤコブさんは「幻想曲が好き」と、ポーランドラジオのインタビューで言っていたと思います。予備予選と3次予選で弾いていて、素晴らしい演奏でした。

この配信ではコンクールの時よりも自由に弾いていたように見えて、ヤコブさんのふくよかな手で奏でるとっても優しい音と、包容力を感じました。深くて厚みがある音。

彼の幻想曲は生で聴いてみたい。ヤコブさんがガラコンサートで幻想曲を弾くのは、富山と大阪。西にも行きたくなる〜。もちろんポーランドの独特な揺れリズムのマズルカも聴きたい。マズルカと幻想曲、両方弾いてくれませんか?

ヤコブさんのマズルカはどことなく鬱っぽい印象。スカッと晴れない陰を感じる曇り空のよう。そんなマズルカの魔力に惹かれますね。

ソナタ3番もコンクールの時より伸び伸びしていた印象でした。包み込むような安心感や、音楽の厚みを感じます。第4楽章に向かう盛り上がりが自然なのも好き。

ショパンコンクールの時は弾き終えたらすぐ退場していたヤコブさん。舞台を噛み締めながら挨拶する人も多い中、ヤコブさんはサッと挨拶して一瞬にこやかに笑ってスッと退場する。ファイナルの時も「じゃ僕弾き終えたんで帰ります」みたいな感じでした。

個人的に予備予選の名演「幻想曲」終了後からの退場シーンのハニカミが最高で、何度も再生しています。

ヤコブさん予備予選演奏からスタート▼
preliminary round, session 2, 16.07.2021 -Chopin Institute

今回のリサイタルも弾き終えて挨拶後すぐ退場してたけど、2回目に戻ってきてアンコールで弾いた「ワルツ2番 Op.34-1」に悶絶。はじまりのカメラワークの妙もあって、ドワーっと何かが込み上げました。

なんて優雅でまろやかなワルツ!2次予選でヤコブさんのこのワルツ2番を聴いて、「うわーずっと聴いていたいワルツ!」と思ったことを思い出しました。絶妙な揺れはポーランドの血ではないかとも。このワルツ2番は絶品。

個人的にこのリサイタル配信の音響の方がコンクールの配信より好きだったのと、結構アップなカメラワークで観ていて楽しかったです。

それにしてもなんて贅沢なプログラムなんだ。リサイタル会場の客席は空席がいくつかあったけど、その席くださいって感じでした。コンクールの緊張から解放されたと思われる伸び伸びとした演奏は、よりヤコブさんの自然に近いのかもと思うと惹かれますね!

ヤコブ・クシュリク(Jakub Kuszlik)11月11日リサイタル配信▼
Jakub Kuszlik – recital na 4. urodziny PR Chopin -Polskie Radio Chopin

ヤコブさんのインタビュー

ポーランドラジオのインタビューでは、ヤコブ・クシュリク(Jakub Kuszlik)さん含めポーランドの人たちは母国語のポーランド語で話しているので、情報量が多く興味深い内容が聞けます。

と言っても私はポーランド語がわからないのですが、YouTubeのインタビュー動画のコメントに英語で要約を載せてくださっている方がいて、ヤコブさんのインタビュー内容もその要約で理解しました。要約書いてくださった方、ありがとうございます。

そのインタビューによると、ヤコブさんはファイナルに進出すると思っていなかったそうなんです。

日本のSNSなどでは割と早い段階からヤコブさんは優勝候補じゃないかと言われていた気がしますが、ポーランドではそうではなかったんですかね?3次予選進出が目標だったようで、ファイナルまで残るとは思っていなかったようです。

なので、コンチェルトは一番練習していなくて、ファイナル進出を聞いた時はしばらく言葉を失ったのだとか...。

予選はずっと上位通過だったヤコブさんが、ファイナル進出を自ら想定していなかったとはビックリです。お辞儀の仕方やインタビューから、思慮深さや謙虚さが伝わります。

それと、ワルツは自分にとってチャレンジングな曲だったというコメントも意外でした。2次予選ではワルツOp.34をNo.1〜No.3まで3曲連続で弾いてたし、そのワルツがとっても素敵だったので、ヤコブさんはワルツお得意なのかなと思っていたんです。

ヤコブさんは暗め重ための曲の方が好みだそうで、ワルツのような軽快な曲のタイプではないとご自身で分析されているようです。なるほど、やはり陰タイプなのかな。

英語の要約を日本語にするとこんな感じです。YouTubeのリンクに飛ぶと、コメント欄に英語の要約があります。

ファイナル直後のインタビュー
全てのステージで演奏が終わってホッとしたし、ワルシャワフィルと共演できたことを誇りに思う
マエストロ(指揮者)はとても協力的で楽しく、小さなミスをカバーしてくれた
本選まで進むと思ってなかったから、コンチェルトは一番練習してなかった
この協奏曲はピアノのソロの部分が多く、ほとんど1人で(コンチェルトの)準備していた
3次予選と2次予選のポロネーズ5番がコンクールの中でのベストパフォーマンス
ファイナル進出を知った時はしばらく言葉を失った
彼女と先生に感謝している、彼女は練習中の厳しい審判のようだった
上位入賞したらどうするとインタビュアーに問われ、数日言葉を失うと答えた
メディアで注目されだしたことを楽しんでる、前はそんなに注目されてなかった
今はピアノから離れて長い休息を取ることを考えている

ファイナル直後の時点では入賞を想定されていなかったようです。ピティナのインタビューでも3次予選に残るのが目標だったこと、全てが想定外で嬉しいと話されていました。

コンクールが終わったら長い休息を取ることを考えていたようですが、ファイナリストだし入賞したしできっと仕事のスケジュールががんがん埋まってると想像。年末年始はゆっくりできるといいですね。

XVIII Konkurs Chopinowski | Finał: Jakub Kuszlik(ファイナル後)

3次予選後のインタビュー
3次予選に進めたことを嬉しく思っている、友人の何人かは幸運がなかったので少し動揺もした(不安に思った?)
3次予選の演奏については複雑な気持ち(不完全な部分について言及)
ショパンの音楽はロマンティック、ドラマティック、哲学的
幻想曲のようなショパンの晩年の作品の哲学的な叙事に、彼の天才的な部分を見ることができる
深い叙事がある幻想曲を弾くのが好き
ポーランドの若いピアニストは成熟したアーティストにとても影響を受けるため、自分自身のスタイルを開発するのが難しい面がある
自分自身の音楽のためにショパンを再発見する必要があった
他の人の演奏を観たり、聴いたりして、自分のピアノの演奏で避けたいものを決めていくことで、学んでいくことができる

最後の文、英語で訳してくださった方が“avoid:避ける”という単語を使っていました。元のポーランド語がどのような表現なのかわかりませんが、何をするではなく、何をしないかの選択。ヤコブさんの演奏は、余分なものを削ぎ落としていく引き算なのかなと感じたりしました。

XVIII Konkurs Chopinowski | III etap: Jakub Kuszlik(3次予選後)

2次予選後のインタビュー
2次予選はあまり緊張しなかったけど、プログラムは1次予選より要求が多いものだった
ワルツが最もチャレンジングだった、軽快なタイプの曲は普段弾かない
暗めで重ための曲の方が好みで、ブラームス、シューマン、ドビュッシーなどドイツ、フランスの作曲家の曲を演奏するのが好き
地理学、テクノロジー、天体物理学など多くの興味を持っている
朝型ではないので、コンクールでは午後のセッションでよかった
かつてはこのコンクールに参加を考えていなかった、アーティストとしてコンクールなしでやっていこうと思っていた
その後考えを変えて、今ここにいる

興味の幅が広い!天体物理学、星とか好きなのかな。宙ボーイヤコブさん似合いそうです。

XVIII Konkurs Chopinowski – II etap: Jakub Kuszlik(2次予選後)

どのような考えの変更があってショパンコンクールに出場しようと思ったのかについては、ショパンコンクール公式の出場前インタビューで少し語られていると思います。

年齢とともにピアニストとして変化し詩的な音に興味を持つようになり、ポーランド人としてショパンのレパートリーを増やしていく中で(それはとても自然なステップだった)、コンクールに出場することを決めたと。

Jakub Kuszlik -Chopin Institute

ヤコブさんのショパントーク

ファイナル後にファイナリストが集まったショパントークのヤコブさんは、だいぶ面白かったです。

ストレス解消法でみんながスポーツの話をした後に話題を振られ、「僕スポーツ大っ嫌いなんだよね」と話してました。「I don't like」じゃなくて楽しそーに「I hate」って言ってたから本当に嫌いなんだと思います。「どちらかというとeSportsの方が好きなタイプ」と言っていて、この方おもしろいなと思いました。

ポーランド人としてショパンコンクールに出場することへのプレッシャーはもちろんあった、ピアノを習い始めた頃から「いつかショパンコンクールに出るんでしょ」と言われていたと語っていました。

ショパンコンクールに出場するだけでもきっとすごいプレッシャー。ポーランドの方々はさらに地元の並々ならぬ期待を背負うことになり、精神力が求められるのだろうなと改めて感じました。ヤコブさんもショパンコンクールに出場すると決めてから、プレッシャーと戦ってきたのかな。

そんな地元ポーランドの熱い期待もあってか、「僕はクラクフの隣の小さな町出身だけど、ファイナルに残ったことで地元ではスーパースターみたいになってる」ともおっしゃってました。地元だけじゃなく、世界的にもスーパースターになってると思いますけど!

ファイナル後のショパントーク -Chopin Institute

ヤコブさんの来日楽しみ

昨夜はヤコブさんとカミルさんがポーランドの母校の音楽学校にお呼ばれしたようで、表彰式とライブ配信がありました。あまり告知されていなかったのか、オンタイムで観ていた人が40人ほど。

バックが青の蛍光ライトでなんだか合成映像みたいな会場。現地で見ていたら水族館風で素敵なのかもしれない...。3つのカメラはほぼ定点だったので、ショパンコンクールや上述リサイタルのカメラワークは凝っていたんだなと、昨夜の配信を観て思いました。

ヤコブさんが弾いたのは、ワルツ Op.34(No.1,No.2,No.3)、マズルカ Op.30、幻想曲。ワルツ3曲目が終わった後に会場から拍手が起こって、立とうかどうか迷ったように見えて結局立たなかったヤコブさんがかわいかったです。

Finaliści Międzynarodowego Konkursu Chopinowskiego w AMFN w Bydgoszczy(11/30の配信)

来年のガラコンサートでヤコブさんの演奏を聴くのを楽しみにしています。マズルカ、幻想曲聴きたい、そしてあの優雅なワルツ2番も聴きたい...のだけど。

昨日から始まった外国人入国の規制。いつまで続くかわからないけど、ガラコンサートの雲行きは怪しそうでしょうか。状況が落ち着いたら安全な状態で来日してほしいです。

ヤコブさんはいつか単独で日本に来そうだから、マズルカ、幻想曲、ワルツ、全部楽しみにしておこ♪

  • この記事を書いた人

moni

引きこもり中のゆるい推し生活を綴ります。素人です。もう一つのブログにスペインのこと綴り中。スペインのセビージャでフラメンコ留学してました。趣味でピアノを習っていたのは4歳〜16歳くらいまで。話す言語は日本語とスペイン語。英語話せるようになりたくて勉強中。
▶︎自己紹介はこちら
▶︎急がば回れ!moniとスペイン

-ピアニスト, ライブ配信・テレビ
-

© 2022 ゆる推し生活 Powered by AFFINGER5